慢性便秘症
過敏性腸症候群
機能性胃腸症
快腸レシピ

牛肉といろどり野菜のいためもの

調理時間:20分
  • 色とりどりの野菜を加えることで、豪華に見える一品。肉の下味の黒こしょうをたっぷりめに加えるのが、おいしく仕上げるポイント。ごはんの進むおかずです。
  • パプリカやズッキーニ、ヤングコーンといった夏野菜のほか、きのこやたまねぎなどを加えた、野菜たっぷりの炒めもの。便秘の改善が期待できる食物繊維はもちろん、いろいろな種類の野菜を組み合わせて使うことでビタミン類もバランスよく、また牛肉のたんぱく質も摂れます。

1人分栄養価

  • エネルギー
    297kcal
  • カルシウム
    31mg
  • ビタミンA
    42μgRAE
  • たんぱく質
    17.6g
  • マグネシウム
    46mg
  • ビタミンB1
    0.15mg
  • 炭水化物
    18.3g
  • 1.8mg
  • ビタミンB2
    0.28mg
  • 脂質
    16.8g
  • 亜鉛
    4.0mg
  • ビタミンC
    67mg
  • 食物繊維(水溶性)
    0.7g
  • 食塩相当量
    2.5g
  • コレステロール
    53mg
  • 食物繊維(不溶性)
    2.1g
  • 食物繊維(総量)
    2.8g
材料〈2人分〉
  • 牛もも肉ステーキ用(約1cm厚さ)
    150g
    • 小さじ1/8
    • 黒こしょう
      少々
    • 大さじ1/2
    • かたくり粉
      大さじ1/2
  • 大さじ1
  • にんにく
    小1片
  • パプリカ(赤)
    1/2個(70g)
  • ヤングコーン
    4本*
  • しいたけ
    2個
  • ズッキーニ
    1/2本
  • たまねぎ
    1/2個(100g)
    • 砂糖
      小さじ2
    • スープの素
      小さじ1/2
    • 豆板醤
      小さじ1/3
    • しょうゆ・酒
      各大さじ1
    • 大さじ2
    • かたくり粉
      小さじ1

*生のヤングコーンの場合はさっとゆでて使います。水煮のものなら、汁気をきってそのまま使います。

つくり方
  • 牛肉は太さ1cm、3~4cm長さの棒状に切ります。Aで下味をつけます。
  • にんにくは薄切りに、それ以外の野菜はひと口大に切ります。Bは合わせます。
  • フライパンに油大さじ1/2を温め、にんにく以外の野菜を強めの中火で炒めます。とり出します。
  • フライパンに油大さじ1/2をたし、にんにくを弱火で炒めます。香りが出たら牛肉を加え、焼き色をつけながら中火で炒めます。
  • ④のフライパンに③をもどし、Bを再度混ぜてから加えます。とろみがつくまで混ぜながら炒めます。

レシピ提供:ベターホームのお料理教室 | 料理写真:大井一範