慢性便秘症
過敏性腸症候群
機能性胃腸症
快腸レシピ

いちごあずきかん

調理時間:15分(冷やし固める時間を除く)
  • いちごとあずきは相性抜群!のどごし、彩りともにさわやかな和菓子です。
  • かんてんはよく煮溶かしてから、砂糖を入れます。早めに砂糖を入れてしまうとかんてんが溶けにくくなります。流し箱がない場合は、容量600mlの保存容器などにラップを敷いても作れます。
  • 海藻から作られるかんてんはカロリーがゼロに近く、ほとんどが食物繊維なので、便秘解消におすすめの食材。あずきなどの豆類も食物繊維が豊富に含まれます。食事だけでなく、おやつに取り入れるのがおすすめです。

全量〈600mlの流し箱1個分〉の栄養価

  • エネルギー
    501kcal
  • カルシウム
    40mg
  • ビタミンA
    2μgRAE
  • たんぱく質
    5.8g
  • マグネシウム
    56mg
  • ビタミンB1
    0.07mg
  • 炭水化物
    122.0g
  • 1.8mg
  • ビタミンB2
    0.07mg
  • 脂質
    0.6g
  • 亜鉛
    0.7mg
  • ビタミンC
    97mg
  • 食物繊維(水溶性)
    1.3g
  • 食塩相当量
    0.2g
  • コレステロール
    0mg
  • 食物繊維(不溶性)
    4.3g
  • 食物繊維(総量)
    8.7g

*上記食物繊維(水溶性・不溶性)に粉かんてんの値は含まれていません。

材料〈600mlの流し箱 1個分〉
  • 粉かんてん
    小さじ2(4g)
  • 400ml
  • 砂糖
    60g
  • ゆであずき缶詰
    100g
  • いちご
    10粒

つくり方
  • いちごは約5mm厚さの輪切りにします。
  • 分量の水に粉かんてんを混ぜます。中火にかけ、時々混ぜながら加熱します。沸とうしたら火を弱め、1~2分煮て、完全に煮溶かします。
  • ②に砂糖を加えて溶かし、火からおろします。あずきを加えて混ぜ、流し箱に流し入れます。
  • 2~3分たって、流し箱が手でさわれるくらいの温度になったら、いちごをのせ、冷蔵庫で冷やし固めます。食べやすく切り分けます。

レシピ提供:ベターホームのお料理教室 | 料理写真:白根正治