慢性便秘症
過敏性腸症候群
機能性胃腸症

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の症状と原因

IBSの診断

病院では、問診で患者さんに、日々感じている症状、生活スタイルをお伺いします。
現在つらいと感じている症状、便通の状態や日々の生活スタイルを伝えられるようにしておきましょう。
患者さんの情報が、IBSの診断と治療選択において重要なものとなります。

また、他の病気と判別するために、下記検査を行う場合があります。

  • ● 血液検査
  • ● 腹部X線検査
  • ● 尿検査
  • ● 便潜血検査
  • ● 大腸内視鏡検査
  • ● 大腸造影検査 など

 

IBSには4つのタイプがあります

IBSは便の状態別に、「便秘型」「下痢型」「混合型」「分類不能」の4つのタイプに分かれます。

参考:「便はおなかの健康度を示すバロメータです」